list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list バルセロナ旅行 3
文字色今日もMトラベルのツアーに参加。ラクチン。
本日のコースは「ガウディとモデルニスモ」

--------------------------
カタルーニャ音楽堂
カルベット邸
サグラダ・ファミリア
サン・パウ病院
ビンセンス邸
サンタ・テレサ女学院
グエル別邸
ミラ邸
バトリョ邸
--------------------------

前日に行った所ともかぶっている…。仕方ないか。

ツアーに参加したのは私達と、もう一組の夫婦だけ。
今日も道が空いていたので、途中でサッカー場にも寄ってくれた。

今日のガイドさんは日本人の方。スペイン歴29年だそう。
実は昨日のガイドさんは日本語を話すスペイン人の方で、
「大体分かるけど、気を抜くと分からなくなる」
話し方だったので、(いや。私の仏語よりは比べ物にならない、
素晴らしい日本語でしたよ!?)ボーっとしててもちゃんと
理解できる日本語案内って、やっぱり素敵と思ってしまう私。

今回は中には入れないものの、全箇所でリムジンを降りて
説明してくれた。

バルセロナ11
【サン・パウ病院】

サン・パウ病院もガウディの先生のドメネクの代表作で、
世界遺産にも登録されております。
正面の道の奥にはサグラダ・ファミリアが見えて、
ちょっぴり師弟愛を感じたり…(´Д⊂グスン

実はこの時点で、デジカメのバッテリーがかなりやばかったので、
あまり写真を撮れなかんだけど、ここ可愛すぎ!!
女子高生が来たら、「ここ、ちょーかわいくな~い!?」
って言うよきっと。

上の写真は正面玄関?なんだけど、この中がねぇ
「ここはディズニーランド(しかもファンタジーワールド)ですか?」
といった趣の「可愛い病棟」(それを患者が求めているか
どうかは別として)が立ち並んでいるのですよ。ガイドさん曰く、
「隣には教会もあるから、何かあっても大丈夫なように
出来てるんだよ~。」と。・・・落ち着いて入院できないな。
しかも今も使われてる病院なので、見学はタダ。
(有料でツアーもあるみたいですが)ここも、おすすめ~。
お次は「カサ・ビンセンス」

バルセロナ12
【カサ・ビンセンス】

ガウディ初期の建築です。なので、曲線が使われてないです。
依頼したのがお金持ちのタイル屋さん(それって何?)で、
素敵なタイルが沢山使われてて、可愛く仕上がっております。
でもガウディ、めちゃめちゃお金を使いまくったらしく、
タイル屋さん、つぶれたそうです・・・(´Д⊂グスン


お次は「グエル別邸」
バルセロナ13
【グエル別邸の「竜の門」】

この建物、1884~1887年の建造らしいのだけど、
この竜のオブジェ、とてもそんな昔に作られたとは思えない、
現代的なフォルム!
今、ゲーム(危うくファミコンと言いそうになった…)の中に
出てきても、まったく違和感なさそう。すごいなぁ。
この竜の舌(今は溶接されているけれど)を持ち上げて、
ガンガン打ち付けて、呼び鈴?代わりになったらしいよ。
この門の両隣にある馬小屋と、門番小屋もカワユイ(・∀・)。
門番小屋には今も、当時の門番小屋の子孫の方が
住んでいるそうで、それは「子孫として当然の権利」で
誰も文句が言えないらしい。子孫ってだけで、
ガウディの(小さくても)一軒屋に住めるなんて、
贅沢な話よねぇ・・・(゚д゚)


他にも色々な観光地を案内してもらって、
とっても充実したツアーでした。


ツアーの後、我々は「カサ・バトリョ」の内部見学に。

バルセロナ14
【カサ・バトリョ内部の吹き抜け】

ここ、住みたい…。
ほんとに素敵なお宅ですわよ。
今でも、全然いけてるデザイン!!
まぁ、メンテナンスは大変そうだけど。
ガウディは陽の光を沢山取り込もうとしたそうなので、
中はとっても明るいし、曲線使ってるから角に
足の小指ぶつけて「あいっっっっった~…_| ̄|○」
って事もなさそう。・・・うっとりよ。

っていうか、入場料16ユーロってぼったくり高すぎじゃなくって?


夜は「Paco Alcalde」という港の近くのレストランに。
夜は危険な香がムンムンしている通りにあって、
お店もちょっと古めなんだけど、この旅行中でこの店が
一番美味しかった
塩味が私好みに効いてるし、素材は新鮮だし{魚}…じゅる。
最初の「イカ焼き」(露店じゃないっす)でノックアウト寸前!!
エビやらアサリやらも食べたんだけど、そんなに複雑な事は
してないと思うんだけど、美味いんだこれが…ヽ(゚∀゚)ノ

バルセロナ15
【イカ墨のパエリア】

↑これがまた絶品でねぇ…。じゅるり。
おばちゃんが鍋から取り分けてくれたんだけど、
「あの端に残っていたお米をかき集めれば、
あとふた口は食べられたのでは」と思うと、
今でも後悔しきりであります。 (´Д⊂グスン


翌朝、バルセロナを出発した我々。
(入国にアレだけ苦労したのに、出国の際は
パスポートチェックが無かったのは、これいかに・・・?)
大満足の旅でありました。

バルセロナ、お勧めです!!

スポンサーサイト
【2005/03/27 00:00】 旅 行 | track back(0) | comment(0) |
<< 春の憂鬱 | ホーム | バルセロナ旅行 2>>
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://suissenotane.blog37.fc2.com/tb.php/3-92f7546e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。