list スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 |
list アブさん
私の通っているフランス語の学校{学校}に、
アブさん(仮名)という人が居る。
歳は50越えで、国籍は詳しくは忘れてしまったが、
アラブ系だったと思う。


私のクラスは週に2度、1時間半の授業。
案外あっという間に過ぎてしまう。
この時期、学校全体でもぐっと生徒数が減るようで、
私のクラスも集まったのは7人だった。

授業の初めの日に先生が、
「普通、最低でも8人居ないと、クラスを閉じる事になる。
でも、今7人居るし続けられるように事務局に話してみるわ。
来週にならないとはっきりした事は分からないけど。」
と話していた。

で、今朝結果が出たようで、「やっぱり、8人は居ないと無理。
私が思うに、何人かはレベルを上げて他のクラスに移動して、
何人かは同じレベルに居た方が良いようなので、時間を変えて…。
・・・アブさんは今のクラスでも少しスピードが早いようだから、
もう少し下のレベルのクラスにしたほうが良いと思うわ。
」と。

アブさんは、今までの授業でも「分かってない感」がみなぎっていた。
先生が説明した事を理解しておらず、
同じ内容を<太>何度も何度も自分が納得するまで聞き直す。
しかもその質問が少しトンチンカンだったりする。

他の6人は、アブさんの質問攻めで授業が進まない事に、
いつも苦笑いしていた。
ちなみに最初は優しかった先生も、少しイライラしているのが
手に取るように分かる。そりゃそうだ。

例えば
先生:「これこれこういう理由で、ここの答えは"A"と言う事になるのよ。」
アブさん:「何故"A"になるのだ!?」
先生:「・・・だから、これこれこういう理由で。」
アブさん:「そうじゃない!何故"A"になるのだ!?」
先生:「…いや、だからね、さっき言ったように、
これこれこういう理由で・・・。」
アブさん:「なるほど分かった。ところで何故"A"になるのだ!?」
・・・こんな感じでエンドレス。

あまりに授業が進まないので、先生がある程度説明してあげて、
「後でね!」と言うと、納得できないアブさんは舌打ちなどしている。

「じゃ、グループになって質問とそれに答える練習をしてみて」
と言われれば勝手に突っ走り、ちょっとずれた質問ばかりをして、
一緒にグループを組んだ、私やスペイン人のエミさん(仮名)を苦笑いさせる。

ちなみにアブさんは、自分の知っている事を教えたがる。
たとえ、それを皆が既に知っていようとも・・・。

そんなアブさん。
「レベルを下げた方が良い」と言われて、全然納得しない。

「何故だ!?私は今のクラスでもまったく問題ない(゚Д゚)クワッ!!」

その瞬間、クラス全員が苦笑い(・∀・;

先生が何度か説明を繰り返すが、まったく納得しないアブさん。
クラスメイトも加わって説得。(英語でね・・・)
アブさん説得で既に30分近く経って居る。

「授業なんだから分からない事があったら、聞くのが当然だろう!?」

と言うのがアブさんの言い分だが、それが度を越している事が
全く分かっていないようだ。

ついには図解までしてアブさんに納得させようとする先生。
「いい?アブさん。この上の表が、アブさんが居ないクラスのスピード。
下の表がアブさんが居るクラスのスピード。
上の表はまるでTGV(フランスの新幹線)の速さで、
下の表は自転車の速さなの。
私がプライベートレッスンの先生だったら、
あなたが納得できるまで、時間を割いて教えてあげられるけど、
ここはそうじゃないのよ。他の生徒も居るの。
いい?TGVよ!TGV!!
・・・先生にここまで言わせてしまったアブさんの言い分は、

「私は今のクラスでもまったく問題ない(゚Д゚)グワッ !!」



エンドレス再び…_| ̄|○ カ、カエリテェ




私の隣に座っているアブさん。
時々ぶつぶつ言いながら、舌打ちなどして、ちょっと怖い((( ;゚Д゚)))

先生の言っている事も分かるが、アブさんの言っている事も
(まぁまぁ)分かる。だんだんアブさんが可哀相になってきた私。
(っていうか、そんなに居たいなら居りゃ良いじゃん、みたいな。)



結局は下のクラスだった人達が、私達のクラスに合流する事になり、
そのままクラスが続く事になった(なんだったんだ・・・)。




アブさんは色々と問題もあるが、勉強家だし、
納得するまで追及し、全くへこたれない姿勢は見習うべきだろう。

長い話し合いの後、改めて授業開始。
今日も疑問文と、それに答える練習。

すると、アブさんが、前回エンドレスで質問しまくった事を
「いいかい?これは、こう言うんだ!」
と自慢げに、私に教えてくれた。

だから、知ってるっつーの!!(´Д`)



アブさんとの付き合いは、これからも続く事になるようだ…_| ̄|○
スポンサーサイト
【2005/04/26 00:00】 フランス語 | track back(0) | comment(0) |
<< お別れ | ホーム | お買い物>>
comments
please comment













管理人のみ

trackback
trackback url
http://suissenotane.blog37.fc2.com/tb.php/10-fb7c63ed
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。